kurumekikko

クルメキッコー

桶の思い出や、苦労話、桶がいいと思う理由などを教えてください。

木桶での醤油諸味発酵を100%支持してくれた生協のおかげで、仕込量の維持・増加と、消費者の方々からの信用が得られました。 
仕込み用の木桶が足りなくなり、酒造メーカーさんからいただきました。底が抜けたり箍(たが)が外れて、せっかく育て上げた諸味が台無しになった事もありました。
桶仕込みの醤油は、蔵つき酵母の働きで深い味わいと風味が醸しだされます。「醤油らしい醤油ですね」「本物の醤油ですね」とよく言われます。
新工場でも木桶200本体制で臨みます。
撹拌を主に手作業でやっていますが非常に体力を要しますので、労力がいつまで続くかが心配です。

なぜ桶仕込みをすることになったのか、なぜ桶仕込みを続けてきたのかその経緯と理由を教えてください。

プラスチックでの環境ホルモン問題等がニュースになる時、木桶でやってて良かったと思いました。
木桶仕込み醤油を使った消費者の方から喜びの声と、これからも是非続けて欲しいという声をいただきます。今後も桶仕込ファンが増える事を目標として木桶仕込みを続けていきます。


クルメキッコー株式会社
福岡県久留米市宮ノ陣5-15-10
0942-34-4147
http://kurumekikko.com

特定非営利活動法人桶仕込み保存会
381-0102 長野県長野市若穂保科4455 tel 026-214-6282