kisaichi

私市醸造

桶の思い出や、苦労話、桶がいいと思う理由などを教えてください。

3年間熟成させた酒粕を原料として造る酒粕酢は、約2ヶ月かけて木桶でゆっくり発酵させます。次に熟成させるために別の木桶に移し替えてさらに約2ヶ月寝かせます。その間に木桶のほのかな香りが原液に移り、酒粕と杉の香りも相まって香りが非常に深くコクもあり、やわらかな酸味の酢が出来上がります。

なぜ桶仕込みをすることになったのか、なぜ桶仕込みを続けてきたのかその経緯と理由を教えてください。

昭和30年代明治創業の酢のメーカーより木桶仕込みの酒粕酢の原液供給を受けていたが、昭和35年その酢のメーカーの廃業に伴いすべての木桶を譲り受けた。木桶で造る酒粕酢は江戸前寿司になくてはならない風味をもった酢、すなわち味の食文化です。当社はその味を後世に伝えていくという使命を持っています。


私市醸造株式会社
千葉県鎌ヶ谷市東道野辺6-7-45
047-443-2511
http://kisa1.co.jp/

特定非営利活動法人桶仕込み保存会
381-0102 長野県長野市若穂保科4455 tel 026-214-6282