20160305_main

蓋付きフライパンで作る八丁味噌蒸しパン

担当:青木岳美(たけみごはん)
今回はカクキューさんの三河産大豆八丁味噌を使わせていただきました。
八丁味噌はコクと旨味が濃厚ですが甘味が少ないので甘いものと相性のいいお味噌です。香りもとても強く、熱を入れても香りが飛んでしまわない特性を生かして、おやつにも軽食にもなるような、甘じょっぱさがあとを引く蒸しパンを作りました。蒸してる間にお味噌の香りがひろがります。
プレーンで食べるもよし、春の食材を入れて食べるもよし、蓋付きフライパンがあれば蒸し器がなくても簡単に作れるので小腹がすいた時の一品にいかがでしょう?

 

材料 (直径7㎝のおかず入れ4個分)  調理時間30分以内

薄力粉       100g
ベーキングパウダー 3g
豆乳        100㏄
八丁味噌      17g
甜菜糖       35g
黒ゴマ       適量
豆乳がない場合お水でも作れますが、生地の張りが弱くつぶれやすくなります。

20160305_01

準備
・フライパンに2㎝程度湯を沸かしておく
・フライパンの蓋に布をかぶせておく(水滴が蒸しパンの中に入らないようにするため)

20160305_02

1、薄力粉とベーキングパウダーを一緒にふるいにかける

ホイッパーでよく混ぜるのでも大丈夫ですが、蒸し上がりにダマになった小麦粉が残る場合があります。ふるっておくとダマになった部分も蒸しているうちに溶けてしまうのでふるうのがおすすめです。

2、豆乳に八丁味噌と甜菜糖を溶かす

八丁味噌は溶けにくいので茶こしとヘラなどを使うと少し溶かしやすくなります。

20160305_04

3、②に①を入れ練らないように切り混ぜる

練り混ぜるとグルテンが出て膨らみが悪くなります。多少玉が残っていても問題ないので粉の白いところが見えなくなったら混ぜるのはやめましょう。

20160305_05
因みに、切り混ぜたものと練るように混ぜてグルテンが出た生地の蒸し上がりを並べてみました。

左が練った生地。右が切り混ぜた生地。

20160305_06

4、 混ぜた生地をカップの8分目まで入れて黒ゴマをかける

お弁当のおかず入れ用シリコンカップ(直径7㎝)を使いました。かなり膨らむのでいっぱいまで入れないようにします。

 

5、グツグツト湯の沸いたフライパンに並べ蓋をして13分蒸す

お湯が沸いていないうちに入れると膨らみが悪くなります。最初の5分は強火で、その後は中火で蒸しましょう。途中でお湯がなくならないよう注意すること。

20160305_08

竹串を刺して何もついてこなければ出来上がり!

20160305_10

シリコンの型なのでまわりをペコッと押してあげると簡単に剥がれます。一周剥がしてから逆さまにすると簡単に型から外れます。
冷めたらラップにくるんでバッグに入れてお散歩がてらお花見なんてどうでしょう。花も団子も楽しめます。

春の気分を一層上げるなら旬の香味野菜を入れてみるのもいいですよ。春の食材特有のほのかな苦みがお味噌ととてもよくあいます。
蕗の薹の葉の部分を粗微塵にして大さじ2程混ぜたり(上記材料に対して)

独活の皮のきんぴらを少し細かく切って大さじ4程加えてみてください。

その場合は粉を入れる前、②の時に生地に混ぜましょう。

20160305_11

材料も少なくシンプルな料理なので粉の味などでずいぶん雰囲気が変わります。
これが一番美味しいと思うレシピを載せましたが色々試した感想をたけみごはんという私のブログで紹介しておりますのでよかったら覗きにいらしてください。http://takemi-gohan.blog.jp/

4月はどんな料理がでてくるのでしょう?とても楽しみです。

 

今回使用した商品『三河産大豆 八丁味噌』

20160305_12

大豆と塩のみを使用して木桶に仕込み、天然醸造で二夏二冬以上の間熟成を行います。濃厚な旨味と少々の酸味、渋味があり、コクのある独特の風味が特徴です。三河産大豆を使用して仕込んでいます。
合資会社 八丁味噌(屋号 カクキュー)
愛知県岡崎市八帖町字往還通69番地
電話: 0564-21-0151 FAX:0564-25-0513
http://www.kakukyu.jp/

特定非営利活動法人桶仕込み保存会
381-0102 長野県長野市若穂保科4455 tel 026-214-6282