HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

ゴミの分別で資源を大切に

ゴミは、どの市町村でも細かく分別されるようになりました。しかし、引っ越してみて、転居前と転居後では、分別の仕方が違うことが分かり、最初戸惑いました。我が家ではゴミ箱を5個用意し、これは何になるか家族で考えるようにしています。分からないものは市役所からもらってきたガイドブックで調べます。こうして1つずつ覚えることで、エコにつながっていくと思います。又、町内では毎月第4週目の金曜日に資源回収があり、缶、びん、牛乳パック、ダンボール、古新聞、古雑誌を各家庭で出すようになっています。この日、各家庭の玄関先に出されたものをトラックが回って回収します。この取り組みは、最初面倒と思っていましたが、慣れると面倒ではなくなりました。資源を大切にする意識が深まってきたと思います。

応援企業

浅井健二は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 浅井健二
WEBサイト 浅井健二さんにとっての空手とは
サイト紹介 浅井健二さんは2002年に東京都内の大学を卒業しています。 浅井健二さんが幼少時から続けている空手の発祥は琉球王国時代の沖縄で、拳足による打撃技を特徴としています。 不動産会社に就職し、営業として全国を走り回る毎日です。 大正時代に沖縄県から他の都道府県に伝えられた空手は、昭和8年に日本武道として正式に承認を受けました。 不動産業界と一口に言ってもいろいろな仕事があります。例えば「ディベロッパー」と呼ばれる不動産開発です。 浅井健二さんが生まれた東京を中心とする首都圏は人口3700万を超える世界最大の都市圏です。 空手における「組手」とは、主に二人で相対して行う実践練習のことを指します。

みんなのソーシャルアクション

  • ▼バックナンバー
  • 1〜8

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。